>>>オーナーシェフの直筆ブログへ ※女性マネージャー(tomo-chan)のブログ※
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
ミルクケーキ
今日、ファミマで、懐かしのお菓子を発見!!

昨日の記事とつながりありです。

無印良品、そしてMちゃんつながり。
無印のお菓子で、確かMちゃんの大好物だったような。。。

“ミルクケーキ”
牛乳味の固い平べったい長方形の形した、
飴というかなんというか。。。

都内ではあまり見かけることができず、
どこかに旅行に行った時よくサービスエリアとか
お土産やさんとかに売っていて、
見つけるとよく買っていました。

(そしてMちゃんが大量買いしていたような)

“ミルクケーキ”
なんでアレがケーキというのか昔から疑問でした。

そしてミルクケーキと言えば
“おしどりのミルクケーキ”

なんでおしどりと言うのかも疑問でした。

今まで調べたことがなかったのですが、
今回ネットで検索して初めて知りました。

ミルクケーキとは。。。
<加糖練乳にカルシウムを加え、板状にした菓子>

なんだか身体によさそうなお菓子だったんですね。

生産は山形県だそうです。
で、山形県の県鳥である“おしどり”がどうやら
ミルクケーキの名に付けられたようです。

なるほど〜♪

無印良品のはおしどりとは
微妙に違うなぁ。。。

この固さといい、歯の詰まり具合といい、
ケーキというよりキャンディーだよな。。。




アロマディフューザー
友人・Mちゃんのブログより耳寄り情報を入手!!

<無印良品のアロマディフューザーがなんだかいいらしい。>

ここ最近、数年前にはまっていたアロマオイルの存在を思い出し。

しかし、かつて愛用していたアロマキャンドルは、
消し忘れての火事が怖いので処分。

で、ここ1,2ヶ月なんかいいアロマランプがないか探し続けていたら、
たまたま見たMちゃんのブログに、
無印のアロマディフューザーがいいよ!
とあったので、早速買ってみました。

すご〜い♪。
アロマランプと違って、熱で香りを飛ばすのではなく、
エッセンシャルオイルを超音波による振動で微粒子状態にして、
それをミストのように飛ばすのです。

だからオイル少量(1,2滴)で部屋があっという間にアロマの香りに包まれます。
確実にランプより香りが強い!!
オイル小量なのに。。。
おぉ〜素晴らしいです。

特に気にいったのがタイマー付きであるところ。
TV消し忘れて寝てしまうのが日常茶飯事の私には
ありがたい機能であります。

あと、かすかに出る「シュ〜」って音が凄く心を落ち着かせてくれます。

いろんな雑貨屋さんとかをチェックしたけど、
無印はなぜか気にしてなかったなぁ〜。

デザインも無印なだけにシンプルで、
コレは絶対買いだと思います。

今後さらにオイルを買い足してしまいそうな。。。

(ちなみに今はゼラニウムとスィートオレンジの組み合わせがお気に入りです。)

Mちゃん、本当にありがとうね。


今日も帰宅後の「シュ〜」が楽しみです。


敬老の日・2008
15日は“敬老の日”でしたので、
昨日のお休みは久し振りに、
祖父母の家へ参りました。

90歳を過ぎ、足が不自由で出歩くのが困難ですが、
まだまだ元気!
とにかく話をしていても、
我がじいちゃんばあちゃんの記憶力のよさには感心させられます。

「何月何日誰がどこで何をした。」
「このTVは何年前どこどこでいくらで買った。」とか。
さらに私の友達の名前、職業まではっきり覚えてるし。

その後に話をした父、母はかなり重症でした。
(よっぽど二人のほうがボケてた。。。)
「昨日偶然あの人に会ったの〜、
あ〜誰だっけ、あの人あの人、あんたの知ってるあの人よ〜」

でTV見てれば
「この人なんて人だっけ? 
前にやってた何とかってドラマに出てたあの人だよね?」
全く会話になりません。。。

で、肝心の敬老の日のプレゼント。
いちばん喜んでくれるものは何かな?
いろいろ考えた結果、
私が心を込めてあげたものは
<神戸屋のレーズンバーンズ>

敬老の日であげるものじゃないとは思ったけど、
じいちゃんの大好物だから。

ちょっと高価な去年のプレゼントより
確実に喜んでました。

ん〜嬉しそうな二人の姿を見るのが
私の喜びであります。

大好きなじいちゃんばあちゃん。
レーズンバーンズをいっぱい食べて長生きしてね。

花嫁姿を早く見たいと会うたびに言われるけど
私は当分嫁に行きそうにもないので
まだまだ元気でいてもらわないとなぁ〜。


ベイビーの名前
ついに私もおばちゃんになってしまいました!!

昨年結婚した弟のところに元気な男の子が誕生。
メールにて報告を受けました。

気になるのは名前です。
先月まだ決めてないって聞いてから
自分の子供のことのように真剣に考えちゃいました。

私が気にいって、しきりに薦めていた名前は
“康平”
名前を考えている時はちょうど北京オリンピック開催時。
しかも北島選手が金メダルを取ったとあれば、
縁起のいい名前を。。。

ということで、全く同じじゃつまらないから
北島康介の康とお気に入りだった体操の内村(航平)選手を
ミックスさせて。。。
で“康平”なわけです。

試しにネットで姓名判断をいくつかしたら、
どれもなかなかの診断であったので、
もう“康平”しかないでしょ!って、
薦めるというより半ば強制、
「もう名前決めておいたからコレにしな。」
ってメールまでして。

数日後、
「候補には挙がった名前ですが、残念ながら落選」しましたというメールが返信されてきました。

勝手にだけど、かなり真剣に考えていたので
あっさり却下されショックでした。

最終的には産まれて顔を見てから決めるといっていたので
もう決まっていることでしょう。
決まったら教えてと伝えてはあるのですが、
未だ報告来ず。。。

どうせ“康平”じゃないからなぁ。
でも初めて会ったら“おぉ〜康平〜♪”と呼ぶことにしています。

ちなみに“康平”は昔好きだった人の名前でもなんでもありません。

石垣島ジェラート
(少し前の話しになりますが。。。)

もう9月だっていうのにまだ30度を越え蒸し暑い日々が続いていた、そんな中。
ナイスタイミング〜!で素敵な贈り物が届きました。
石垣島よりジェラートです。
石垣島の塩のジェラートとパッション風味のジェラート。

“石垣島ジェラート”。 どこかで聞いたことがありましたが、実際に食べたのは今回が初めて。 
なのになんだか懐かしい味わいの塩のジェラート。
甘しょっぱく、でも甘さは控えめで美味しくいただきました。
ある程度溶かして食べるのがなかなかでした。

東京では沖縄物産展での出店の際に食べられるそうですが、
ネット販売もあり。
      ↓
http://www.enjoint.jp/jelato/index.html

マンゴーに石垣ラー油に石垣黒糖ピーナッツ。
そして、この石垣島ジェラート。
なんと最近、石垣モノに出会う機会が多いこと。
次は石垣牛あたりではないでしょうか。。。
と期待しつつ。




我が家のニューフェース
ウシのポスター

突然の頂き物。
食べ物じゃなくて、私のツボにはまった一品は、
久し振りですね。

ポスター。しかもウシ&チーズです!!
大・大・大好きなものダブルです。

かなり殺風景な我が家の白い壁にド〜ンと貼りました。
なんか寂しいなぁとは前から思っていましたが、
気に入った絵とか見つけられず、
(ってそんなに一生懸命探してはなかったけど。。。)
とりあえずって感じで猫のカレンダーだけは
貼ってました。

素晴らしい!!イメージチェンジです。
あまりにも可愛いので、久し振りに画像をつけてみました。

ぬいぐるみだの写真だの。
すっかり我が家はウシの館だよぉ〜。


やっと観れた!!
昨日はお休み。そして9月1日。
毎月1日は映画の日。

前から観たい観たいと思っていた映画を観てきました。
“画家と庭師とカンパーニュ”
フランスのヒューマンドラマ。
映画の予告を見てから惹かれていて。。。
しかも画家と庭師の二人の俳優さんが以前に出演した映画はそれぞれ私のお気に入り!!

本当は先月に観る予定だったのですが
満席でチケット買えず、
あと公開も残り何日かだったので、
急いで観にいったわけです。

題名のとおり、フランスの片田舎での画家と庭師のお話。
田舎の風景に癒され、二人の友情に感動し、
最後はほろっと泣けます。

二人の交わす言葉とまた音楽が心に沁みる。。。

感動の最後の場面で流れた曲。
なんとなんと、いつも聴いているモーツァルトのクラリネット協奏曲ではないですか〜。
コノ曲を聴いて、ここまで感動したのは初めてです。

「どうしてこんなに素晴らしい曲を聴いて感動しないのか〜?」
といつもシェフに言われてたっけ。

「いやいや、やっぱり素晴らしい曲です。
感動しまくりでした!!」

今日も何度か営業中に流れていましたが、
昨日観た映画を思い起こし、またまた感動に浸っちゃいました。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。