>>>オーナーシェフの直筆ブログへ ※女性マネージャー(tomo-chan)のブログ※
>>>東京・目黒(品川区上大崎)のフレンチレストラン:ラ・フィーユ・リリアル公式サイトへ
リンデン
 今日もハーブティーのお話。

 リリアルの定番ハーブティーは 種類。
 その中でも、珍しいからか人気のあるハーブティーがこちら。


 リンデン

 “ リンデン:Linden ”  

 リンデンとは別名「菩提樹」。 
 ヨーロッパの人々には極めて馴染みの深い樹木で、
ローマ時代には、リンデンの樹皮の内側の部分を肉と一緒に煮て、
肉の味と香りを整えていたようです。

 フランスで、リンデンの花は不眠症や消化不良に有効なハーブティーとして広く飲用されているとか。

 リンデンティーはフラワーとウッドと2種類あって、花だけでなく葉と茎も含めたものをまとめて「リンデン・
 フラワー」、木質部を「リンデン・ウッド」と呼ばれています。

 リリアルのリンデンティーはリンデンフラワーです。
 色も香りもとっても優しく、特にこの香りは心を落ち着かせてくれます。

 <心配事があったり気分が落ち込んだりしてなかなか寝付けないときなど、しだいに穏やかな気分にさせてくれる>とか。

 ん〜まさにそんな感じです。

 昨日も「気になる〜」とリンデンティーを飲まれたお客様がいらっしゃいました。
 
 リリアルのハーブティーメニューのコメントの中でリンデンは
  <遠い記憶をよみがえらせる。。。>
 とあるのが、どうやら気になるようです。

 このほんのり甘い香りが、遠い記憶をよみがえらせてくれましたでしょうか。。。
 






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。